無理の効かなくなる身体

自分の身体の健康は、自分自身で管理しなければなりません。若い時は少々風邪を引いても病院に行かず市販の薬や自然治癒力で治せましたが、年齢を増すごとにそう言った無理が効かなくなります。徹夜などをしても、一晩眠ればもとに戻る。にんにくサプリおすすめ比較ランキング.xyzで気軽に選んだにんにくや滋養強壮のドリンク剤を飲んで乗り切るなんてことも出来ました。

スポーツをした翌日は、若ければ筋肉痛も翌日にやって来てすぐに回復していきますが、年齢を増すと2.3日遅れてやって来て一週間ぐらい筋肉痛に悩まされたりもします。そんな時に、滋養強壮のドリンク剤を飲んでもなかなかもとに戻らないと、歳をとって自然治癒力も低下する身体になったと痛感します。

疲れがたまるとすぐ風邪をひいたり、その風邪が3日も4日も寝込んでしまうほどに悪化するような時も身体が変化した、と感じます。

昔は、更年期は女性特有の病気だと言われて来ましたが、現代男性にも更年期があると言われています。50代から60代と言う年齢は、人生一区切りの時期で、色んな意味で自分の身体と向き合った時に、若い時に感じなかった身体の変化に気付く、そんな時だから更年期になのです。

 

非必須アミノ酸であるチロシンと亜鉛の併用による美の追求

必須アミノ酸とは人間が生体内で生成できないアミノ酸のことであり、食物の摂取等による体外からでしか補給することができないアミノ酸です。チロシンとは上記の必須アミノ酸ではなく、体内でフェニルアラニンというアミノ酸から合成される、いわば非必須アミノ酸に分類されます。

チロシンは髪の毛の黒色の成分であり、このアミノ酸によって艶のある美しい髪の毛が維持されています。

次に、亜鉛とは人体にとても重要な必須ミネラルの一つで、これが不足すると様々な欠乏症が発症します。亜鉛も体内で合成はされず、必須アミノ酸と同様に体外から取り入れる必要があります。

亜鉛は、アミノ酸がいくつもつながってできたタンパク質の合成の手助けをしてくれる働きがあり、このタンパク質によって髪の毛は作られているため、タンパク質の摂取により髪が伸びたり髪に艶が出たりします。

チロシンと亜鉛の両成分を取り入れることによって、チロシンがタンパク質の原料となり亜鉛がその合成の手伝いをすることで髪の毛が作られ、チロシンの成分のため白髪ができにくくなりより美しい髪を手に入れることができます。

どちらも体外からの摂取なので意識して取り入れることで人本来の美を追求できるでしょう。